AGAの特殊な治療法

多くの場合でAGAの治療に使われるのは、プロペシアを使った内服薬による治療とミノキシジルを頭皮に直接塗る治療法が主流になっています。ですが最近では育毛メソセラピーやHARG療法などの一風変わった治療法が登場しています。育毛メソセラピーはAGAの治療薬であるプロペシアやミノキシジルを頭皮の下に直接注入する治療法で、通常の内服薬療法と外用薬療法に比べて効果的だと言われています。育毛メソセラピーは投薬に比べて直接局部へ薬剤を注入するので効率的に作用し、育毛効果が高く発揮されるとされています。育毛メソセラピーは感覚を空けて長期間に渡り使用します。そのため施術期間は3ヶ月から半年ほどとされていて、早い人では数ヶ月で効果を実感すると言われています。育毛メソセラピーを考えている人は、まず最初に医師と相談して施術を検討するようにしましょう。

育毛メソセラピーと共に今最も注目されている治療法がHARG療法です。HARG療法は育毛メソセラピーと同じ直接局部へ薬剤を導入する治療法になります。しかし育毛メソセラピーが投薬で使われるプロペシアやミノキシジルを使うのと違い、HARG療法はHARGカクテルと言われる特殊な薬剤を使用します。HARG療法も3週間から4習慣に一度の割合で施術を行ない、長期間に渡って効果を確認しながら治療を行ないます。このHARG療法は認定を受けた医療機関でのみ受けることができ、一般の病院などでは施術できない特殊な治療法になります。基本的にHARG療法を行った3ヶ月から半年で効果が現れるとされていて、半年から1年でハッキリと発毛を完成させられると言われています。