AGAは病院が重要

AGAを治療する病院を選ぶ際、専門のクリニックであることと県外の場合でも専門のクリニックを選ぶことが非常に重要になってきます。また治療を行うには通院しやすい病院を選ぶのも大切です

この記事の続きを読む

AGAを効率良く治療

AGAの治療には内服薬を利用する方法と、薬剤を直接頭皮に塗る方法の2種類が使われています。またミノキシジルは発毛に効果的な外用薬だけでなく、高血圧の経口薬としても使用されています。

この記事の続きを読む

AGAの特殊な治療法

AGAの治療には内服薬で行なう治療と頭皮に直接塗る治療法の他に、育毛メソセラピーのような直接注入する治療法も登場しています。またHARG療法は認定を受けた医療機関でのみ施術を受けることができます。

この記事の続きを読む

AGAについて学ぼう

進行してしまう前にAGAを病院で治療してもらおう!長期に渡って通院するので通いやすいところを選ぶことが大切です。

現在ではいろいろな病気や症状で病院を訪れる人が増えてきています。軽いものは風邪や虫歯などの小さな病気から心臓病や生活疾患などの重大な病気まで、人によってさまざまな症状や病で病院での診察を受けています。他にも美容整形や整体手術などの為に病院を訪れる人が増えてきました。その中で最も注目されているのがAGA治療による病院診察です。AGAとは男性型脱毛症のことで、その名の通りに男性特有の脱毛症を意味します。特に30代から50代の弾性に多いと言われ、現在患者数は少しずつ増えてきていると言われています。AGAになると頭頂部と前頭部の髪が薄くなっていき、放置しておくとどんどん進行して脱毛箇所が増えていくとされています。この症状は髪のサイクルにおいて成長期が短くなってしまうことが影響していると考えられています。原因は明確にはなっていませんが遺伝や男性ホルモンが原因ではないかと言われています。

AGAは放置しておくとどんどん症状が進み、脱毛が進んでいってしまいます。そのためAGAは早急に治療を行うことが非常に重要になってきます。治療法には薬を服用する他に薬を患部へ塗ったりする方法が主に行われていますが、ほかにもマッサージや指圧に針治療など東洋医学による治療も効果的だとされ、治療法として推奨されています。AGAに対する薬剤治療はフィナステリド、ミノキシジルと言われてる薬剤が開発されたことによって進歩したと言われています。フィナステリドにはプロペシアと呼ばれる成分が含まれていて、その成分によって発毛サイクルを正常に保つ働きがあるとされています。またミノキシジルにはリアップと呼ばれる成分が含まれており、主に頭皮の血行促進を助ける働きがあると言われています。